(268)古いタイルの汚れをあの手この手で清掃する

タイル

前回はトイレに張るタイルについて考えました。

床にはモダンな六角形のタイルを新しく張る一方で、既存のタイルも残す計画です。

既存のタイルが張られたL字壁

昔のタイル職人さんの丁寧な仕事が感じられます。

気になるのは半世紀の時を経て付着した汚れ

古いタイルに付いた汚れ

何かが垂れたような跡がトイレのあちこちにあり、すっかり固まってタイルにへばりついています。一体何の汚れなのかという疑問はさておき、新しいタイルとアンバランスな印象を与えないようにするためにも、この汚れをしっかりと落とす必要があります。

タイル好きを自任する僕ですが、日常の掃除は別として古いタイルをがっつり清掃するのは初めて。今回は、素人なりにあの手この手を試して汚れを落としてみようと思います。


■メラミンスポンジでどこまで落ちるか

ふだんのトイレ掃除なら雑巾がけで十分です。

タイルに雑巾がけ

日常で付いたちょっとした汚れはこれで問題なく落ちますが、

頑固な汚れ

先ほどの汚れは雑巾ではビクともしません。

メラミンスポンジ

最初に試すのはメラミンスポンジ。いわゆる「激落ちくん」的なやつです。百均で安価に手に入るのでとりあえずこれからトライするのがいいと思います。

メラミンスポンジでこする

ちょっと水を含ませてゴシゴシこすると、

ボロボロになったメラミンスポンジ

すぐにボロボロになりましたが、なんとか汚れを落としてくれました。

メラミンスポンジ掃除後のタイル

これでOKかと思ったのですが、

大きな汚れ

タイル数枚分にも及ぶ大きな汚れで試したところ、

ボロボロになったメラミンスポンジ

ボロボロになるばっかりでほとんど落ちません。大量に使って辛抱強くやればなんとかなりそうな気もしますが、ちょっと効率が悪そうです。


■タイル用のウルトラハードなクリーナーを試す

ネクストバッターはこちら。

「アズマジック」の「浴室タイル用研磨布」

「アズマジック」のバスクリーナー「浴室タイル用研磨布」です。

けっこういいお値段なんですが、

「アズマジック」の「浴室タイル用研磨布」

タイル用ウルトラハード」の宣伝文句を信じて購入してみました。

「浴室タイル用研磨布」の表面

「研磨布」と名付けられていますが、ゴワゴワの繊維でできたスポンジのような質感です。

浴室タイル用研磨布でタイルを掃除

ちょっぴり水をつけてから、ガシガシこすってみました。

「みるみるうちに汚れが落ちる!」ってことはありません。でも、少しずつきれいになっていくのが感じられます。

親指で押さえてこする

頑固な部分には力を入れるために親指で直接押し付けるようにしてみました。

汚れの落ちたタイル

けっこう落ちました!

カッターの背で汚れをそぎ落とす

残りの汚れはタイルを傷つけないように気をつけながらカッターの背でそぎ落としました。

掃除後のタイル

すっかりきれいになりました。


■シールの剥がし跡は簡単にきれいに

続いてチャレンジするのはこちら。

便器の使い方シール

懐かしさを感じさせる「便器の使い方」のシール。うちのマンションにも貼ってあったな。

シールの跡の汚れ

このシールを剥がした後の汚れを落としてやります。

浴室タイル用研磨布で掃除

先ほどのクリーナーでゴシゴシやると、

掃除後のタイル

こちらはあっさり落ちました。優秀。下地が丈夫ならシール剥がしには最適かもしれません。


■目地に付着した汚れの掃除

こんな感じでタイル本体はきれいになったのですが、悩ましいのが目地の汚れ

目地の汚れ

タイルの表面にくらべて目地は一段凹んでいるせいか、溜まっていた茶色い汚れは雑巾ではほとんど落ちません。

カビ取りクリーナーを吹き付ける

今度はカビ取りクリーナーを使います。目地に吹き付け、

汚れを歯ブラシでこする

歯ブラシで汚れをかき出すように目地をこすります。

壁一面の清掃作業

この作業、壁一面となるとけっこう大変。

雑巾で目地をふく

このあと目地に雑巾を押し込むように汚れをふき取ります。

清掃後の目地

清掃後。けっこうきれいになったと思いますが、いかがでしょうか?

完全には汚れを取り除けたわけではないのですが、離れて見るとほとんど気にならないくらいなので、僕はこのへんで満足しました。もともとの目地色がライトグレーだったので白の目地にくらべると汚れが目立ちにくいこともポイントでした。


■黒カビ汚れはなかなか頑固で難しい

ちなみに、黒カビの汚れはカビ取りクリーナーをかけてこするだけではなかなか落ちません。

洗面のタイル目地の黒カビ

世田谷の自室の洗面では水が頻繁にかかる部分に黒カビが発生して困っています。この黒カビのクリーニングについてもご紹介します。

カビ取りクリーナーを吹き付ける

まずは先ほどのようにカビ取りクリーナーを吹き付けます。

キッチンペーパーをかぶせる

キッチンペーパーをかぶせてクリーナーを吸わせます。

もう一度カビ取りクリーナーを吹き付ける

ダメ押しにもう一度クリーナーを吹き付け。

ラップをかぶせる

最後にラップを押し付けるように覆いかぶせてクリーナーを黒カビに密着させ、しばらく放置します。30分~1時間くらいでしょうか。

歯ブラシで汚れをこすり取る

ラップとキッチンペーパーを取り除いたら、歯ブラシで汚れをかき出してやります。

掃除後のタイル

掃除後はこんな感じ。掃除前よりはきれいになりましたが限界は感じます。

落ちなかった汚れ

目地の凹みや欠けに入りこんだ汚れは頑固ですね。ふだんからもっとマメに掃除しておくべきだったかな……。

もとの目地色がクリーム色なので汚れが目立つという要因もあります。掃除の苦労を考えると洗面や浴室などの目地は白系の色ではなく濃い目の色を選んだほうがいいんだなと実感しました。


■タイルに開いた穴をパテで補修する

さて、山小屋のトイレに戻りましょう。

掃除ついでにタイルに開いた穴の補修もしておきます。

タイルに開いた穴

古いトイレットペーパーホルダーやタオルかけがかかっていた名残りです。

一般的にはタイルの穴はコーキング材で埋めるのが一般的なようです。

コーキング材

でも、個人的には一発勝負のコーキングはちょっと苦手。

コーキング材で埋めたタイル穴

これは僕がやったものではありませんが、こんな感じでデコボコが残りやすいのがイヤなんです。

邪道かもしれませんが、僕はこれを使ってみました。

タミヤのパテ「ホワイト」

タミヤのパテ「ホワイト」です。

柔らかいのでチューブから穴に直接充填してやりました。

パテを穴に充填
充填直後のパテ

充填直後はパテがたれてきて、ぜんぜんきれいじゃありません。このパテ、固まる前はコーキング材と大差ない柔らかさですが、乾くとしっかり硬くなるのであとで削ることができます

削って整えたパテ

カッターとやすりで削って整えてやると、けっこうきれいになりました。やり直しがきくぶんコーキング材よりも扱いやすいと思っています。

なお、お風呂のように頻繁に水がかかる場所の場合は防水効果の高いコーキング材を選んだほうがよいと思いますので要注意です。

清掃後のタイル

いろいろ試して、半世紀前のタイルがけっこうきれいになりました。

これなら新しいタイルと共存しても違和感はないはず。次回からは新しいタイルを施工していきます。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧