(293)水まわりをリフォームして工事費用は約180万円だった

お金のこと

前回、洗面台を設置しました。

これでようやく水まわりのリフォームがすべて完了。

工事前の水まわりはこんな感じでしたが、

水まわり工事前の全景

今回の工事を経てガラリと雰囲気が変わりました。

水まわり工事後の全景

さて、工事が終わって気になるのは「結局、水まわりのリフォームにいくら使ったか?」です。

工事会社に依頼した分の金額についてはすでに書きました。

もともとの「132万円」という工事費に、床の補強工事にかかる追加代金を加えて「1,424,500円」が総額でした。

あくまでこの金額は工事を依頼した分の合計ですから、施主支給をした設備の費用内装をDIYするのに使った材料費は含まれていません。今回はそれらもすべてひっくるめていくらかかったか、まとめたいと思います。


■洗面にかかった費用は「163,580円」

完成後の洗面

まずはもっとも費用がかかった洗面から。

前回ご紹介したとおり、洗面はサンワカンパニーの「トロピカ」を施主支給しました。

トロピカ洗面台

洗面台(と一体型になった洗面ボウル)・水栓・排水トラップなどを合計して「111,540円」。

ミラーキャビネット

壁に埋め込まれたミラーキャビネットは「30,980円」でした。

モーテルランプ

壁付けの照明「モーテルランプ」は「21,060円」。

ぜんぶあわせて「163,580円」となりました。

いざきタイル

本当はここにいざきくんに制作してもらったオーダーメイドタイルの代金が加わるのですが「お友達価格」で作ってもらったものなので代金は内緒にさせてください。


■トイレにかかった費用は「55,326円」

完成後のトイレ

続いてはトイレです。

完成後のトイレ

トイレ本体については以前のものを再設置していますのでお金はかかっていません。

タイルを張り終えたトイレ

いちばんお金がかかったのはタイルです。既存のものを残した両サイドの壁をのぞいて、床と奥の壁には新しいタイルを張りました。

DIYで張ったとはいえ、材料費はタイルだけで「23,760円」。ここにボンド「3,510円」や目地「2,240円」、そのほか副資材「1,298円」も加えると「合計25,058円」となります。

トイレの壁に珪藻土塗料を塗る

トイレの内装はタイル部分の「ホワイト」と塗装部分の「ライトグレー」のツートーンで仕上げました。塗装に使った珪藻土塗料は「6,600円」でした。

トイレ内の壁付け照明

壁に設置した照明器具は施主支給で「9,800円」。

トイレットペーパーホルダー

陶器製のトイレットペーパーホルダーは「7,150円」。

トイレのタオルホルダー

壁に取り付けたタオルホルダーは「968円」でした。

以上を合計すると「55,326円」となりました。

費用の半分弱がタイル関連、照明や小物が残りを占めるという感じです。


■壁と天井の塗装には「32,267円」

塗装した壁&天井

次は壁と天井の塗装にかかった費用です。

珪藻土塗料で砂壁を塗る

古い砂壁には珪藻土塗料を塗って濃い目のダークグレーに仕上げました。この代金が「14,300円」。

シーラーを壁に塗る

塗装の下処理にはシーラー塗装が必要ですが、これが「3,631円」でした。

柱にワトコオイルを塗る

一方、柱などの木部についてはワトコオイルを塗りました。当時、品切れだったためメルカリで「4,000円」で購入しました。

建具にニスを塗る

やすりがけが甘くて塗装できなかった建具についてはニスを三回塗りしました。ハケなどと合わせて「5,427円」かかりました。このほかに、ワトコオイルの下塗りに使ったステインや紙やすりや養生テープなどの副資材も含めて「4,909円」。

以上を合計すると「32,267円」となりました。こうしてみると、木部の塗装についてはいろいろ迷走したせいでかなり余計なお金を使ってしまったことがわかります。


■床にコルクタイルを張って「67,084円」

コルクタイル

床については、合板で仕上げてもらった下地にコルクタイルを張りました。

コルクタイルを床に接着

張り付けに苦労したり、

コルクタイルに汚れ防止剤を塗布

汚れ防止剤の塗装に失敗したり、

意外に苦戦しました。

作業に使用した「コルクタイル40枚・接着剤・汚れ防止剤」はすべてまとめて購入。

コルクタイルの注文明細

合計で「67,084円」でした。


■脱衣所のカライエに「53,750円」

以上に加えて、脱衣所に設置した「カライエ」も施主支給しました。

脱衣所のカライエ

これが「53,750円」。

洗濯機

なお、洗濯機については既存のものを再設置しています。

二重サッシ設置後の浴室

また、お風呂については二重サッシを設置した以外、手は入れていません。


■水まわりリフォーム工事の総額は約180万円

では、以上の費用を項目ごとにまとめて表にしてみましょう。

項目別の費用一覧表

総額は「372,007円」。

見方を変えて、施主支給とDIY費用に分けてまとめるとこうなります。

施主支給分とDIY分の表

当然ながら合計金額は同じなのですが、見え方が変わりますね。

冒頭でもご紹介した業者依頼分の「1,424,500円」も加えてみましょう。

水まわりリフォームの合計金額

トータルで「1,796,507円」となりました。およそ180万円ですね。

洗面を新設しサッシを二重にしたとはいえ、お風呂には手を入れていませんし、トイレや洗濯機も新しくしていないわりにはけっこう費用がかさみました。

漏水とシロアリのダメージを受けた床

やはり漏水とシロアリのダメージを受けた床の補修が響きましたね。思えば、洗面のためにドアも移設しましたし、湿気で面材がはがれかけていた天井も新規に造作してもらいましたから、費用が高額になったのも仕方ないとは思います。

もし、もともとの床や壁が丈夫であれば、費用はもっと抑えられたはず。「水まわりのリフォーム」とひとことで言っても、それぞれの家の状況に応じて工事の内容や費用もかわってきそうです。水まわりのリフォームを考えているみなさんの参考になれば幸いです。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧