(84)ユカハリタイル「コグチ」をボンドで床に接着する

インテリア

前回、1階の床に貼る2種の床材(コグチタイルとモザイクタイル)を準備しました。

今回から実際の施工に入ります。

モザイクタイルは世田谷のマンションでも何度も貼ってきました。

世田谷のマンションに貼ったモザイクタイル

コグチタイルを貼るのは初めてですが、裏側がゴムになっているので、

ユカハリタイルの裏面
※写真は別のユカハリタイルの裏面です

ボンドで貼れば問題なさそうです。

実は、このユカハリタイルシリーズは、接着せずにただ置くだけの使用を想定している商品です。

しかし、うちの場合はモザイクタイルとの「ミックス貼り」。

コグチタイルとモザイクタイルのミックスイメージ

モザイクタイルがボンドと目地で固定される以上、ユカハリタイルのみ置くだけというわけにもいかないので今回はボンドで接着します。

やり直しがきかないので、きれいに収まるように慎重に仮置きして準備したいと思います。

まずは洗面スペースの床にモザイクタイルを置いていきます。

洗面前の床(工事前)

ここに、1シートずつ置いていきます。

モザイクタイルを仮置き

半端な部分はカッターでシート裏のネットをカットしながら。

シート裏のネットをカット

洗面スペースに続いて、コグチタイルも置きます。

コグチタイルを仮置き

コグチタイルは天然木ですから、当然色合いにバラつきがあります。

コグチタイルは色合いに気をつけて配置

そこに配慮しながら、市松っぽくなるように配置しました。

50ミリ角のタイルは裏のゴムシートでつながっているだけですから、

コグチタイルの断面

カットするのは簡単。

ゴムシートをカット

DIY向きの素材ですね。

ひとまず仮置きが完了

ひとまずノーマルに配置できました。

これでも十分きれいですが、両者の境目がミックスになるように置き換えていきます。

モザイクタイルをランダムに配置

ここからは感覚勝負。

ランダムは意識しすぎるとわざとらしくなりそうな気がするので、パッパッとモザイクタイルを置いていきます。

理屈抜きの楽しい作業。

レイアウトが決まったら、次はコグチタイルをカットして取り除き、

コグチタイルをカットして取り除く

モザイクタイルをはめ込んでいきます。

モザイクタイルの飛び地

ところどころタイルの「飛び地」があるのがポイント。

これがやってみたかったんです。

仮置き完了

仮置きが完了しました。

完成に向けて早くも胸が高鳴りますが、逸る気持ちを抑えてスキマを埋める作業を。

コグチタイルは50ミリ角なので、当然こういうスキマがところどころにできます。

コグチタイrの半端なスキマ

これについては、ひとつずつノコギリで切らなければなりません。

採寸してカット部分を決めたら、

コグチタイルのカット部分を書き込み

細かい加工なので小さめのノコギリで。

小さめのノコギリ

こんな感じにカットできました。

カット後のコグチタイル

が、入らない。

カットしたが入らない

ちょっと大きかったか。

コグチタイルにヤスリがけ

ヤスリで削ってサイズを調整します。

今度こそ……入るか?

やすりがけしたコグチタイルをはめこむ

入った!

無事にスキマに収まったコグチタイル

よかったよかった。

近づくと見えるスキマ

近づいてみると、スキマが目立つ素人クオリティですが、それはそれ。

こだわり始めるとキリがないので、どんどん進めていきます。

階段まわりのコグチタイルもカット

階段まわりもカットしました。

これがなかなか面倒くさいので階段の下部分は計画を変更。

階段下にはコグチタイルを一枚置き

こんな感じに一枚を置いて済ませることに。

デザイン的に面白いし結果オーライ。

スキマがぜんぶ埋まったがら、コグチタイルから接着開始です。

使うのはこちらの「ボンド G17」( 170ml )。

ボンドG17

ゴム・革・金属など、異素材を接着することができます。

もちろん、ゴムと木材もOK。

170mlサイズにはノズルがついています。

ボンドG17のノズル

これを装着すると、広い面積に塗りやすいというわけ。

ボンドG17にノズルを装着

ざっくり塗って、

ボンドG17を塗る

塗って、

ボンドG17を塗った裏面

位置を合わせて、

位置を合わせてコグチタイルを接着

慎重に貼ります。

コグチタイル接着後

同じ要領でほかの箇所も接着していきます。

すごく簡単でした。

ところが!

毎度のごとく、ここにも落とし穴が待ち受けていたのでした。

乾いたあとの写真をごらんください。

接着後のコグチタイルにボンド跡が

わかりますか?

接着後のコグチタイルにボンド跡が

ボンドをバッテンに塗った跡がうっすら表面に見えてしまってるのです。

木材の中をボンドが浸透してしまったのでしょう。

やっぱり本物の木の扱いは難しいです。

まあ、光が当たっているときに目を凝らして見えるていどなので、あきらめます。

めげずに、次回はモザイクタイルを貼ります。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧