(91)サンゲツの「ココフロア」と壁紙のコーディネートに悩む

インテリア

前回、2階の床材に選んだのがサンゲツの「ココフロア」でした

「ココフロア」3色

今回は「ココフロア」と壁紙とのコーディネートを考えます。

WALPAロゴ

向かったのが恵比寿にあるWALPA(ワルパ)

WALPA店内の棚

2万点のラインナップを誇る輸入壁紙専門店です。

第75回で書きましたが、壁紙についてはイギリスの壁紙メーカー「コール&サン」(Cole & Son)社の「ノーチラス」(Nautilus)を選びました

「コール&サン」(Cole & Son)社の「ノーチラス」(Nautilus)

壁紙選びにあたっては床との組み合わせも重視しました。

サンゲツのショールームでいただいた「ココフロア」のサンプル3色を片手に、

「ココフロア」のサンプル3色+「ノーチラス」

壁紙サンプルとならべてコーディネートをいろいろと試してみました。

まずは「ノーチラス」と最後まで迷った「ウッズ&スターズ(Woods & Stars)」との組み合わせからごらんください。

「ウッズ&スターズ」はカラーバリエーションも豊富で、

「ウッズ&スターズ」白系

色によって印象もちがいます。

「ウッズ&スターズ」紺系

カタログの壁紙サンプルの下に、相性の良さそうな「ココフロア」を置いてみましょう。

「ウッズ&スターズ」と「ココフロア」
「ウッズ&スターズ」と「ココフロア」

ぜんぜん印象がちがうと思いませんか。

「白×白」でシンプルにまとめるのと、「紺×ベージュor白」でコントラストを出すのとでは、部屋の明るさも変わってくるはず。

「ノーチラス」のほうも色々なカラーバリエーションがあります。

淡いグリーンにピンクのアンコウが引き立つバージョンや、

「ノーチラス」淡いグリーン系

全体的にグレイッシュにまとめられたバージョンも。

「ノーチラス」グレイ系

これらと3色の「ココフロア」の組み合わせとなると、「ウッズ&スターズ」以上に印象の幅が広がります。

淡いグリーンに白やベージュを組み合わせると、優しいガーリーな印象になります。

「ノーチラス」&「ココフロア」

これはこれでおしゃれ。

グレイの「ノーチラス」に白の「ココフロア」は、

「ノーチラス」&「ココフロア」

おー、ストイックな感じですね。

山小屋のイメージとはちがう感じですが、モダンなインテリアの部屋にもマッチしそう。

「ノーチラス」&「ココフロア」

最終的に採用した「ノーチラス」にしても、3色を置いてみると、ぜんぜん印象がちがいます。

それでも、3色それぞれに形になりそうだと直感しました。

このカラーの「ノーチラス」を選んだ理由のひとつです。

3色の中でいうと、当初は「白」か「ベージュ」で明るくまとめる方向で考えていました。

「ノーチラス」&「ココフロア」

2階は日当たりが悪いのと「こげ茶」では印象が強すぎるかなと思っていたからです。

幸い「ココフロア」は納期が短めだったこともあり、最終的な決断は壁紙が仕上がった現場で下すことにしました。

床施工前の2階

この床に実際に3色の「ココフロア」を置いてみます。

3色の「ココフロア」を仮置き

あれ?なんだか「こげ茶」がいい感じがする。

空間にメリハリが出る感じ。

お店でくらべたときになかった木材の要素が加わったせいか、「こげ茶」がしっかりなじんだ印象を受けました。

「ココフロア」こげ茶

多少、部屋が暗い印象にはなりますが、落ち着いた雰囲気になるともいえます。

それに、この色ならちょっとやそっとの汚れでも目立ちません。

というわけで「こげ茶」の「ココフロア」に決定。

となれば、次のステップは具体的に必要な数の計算です。

毎回毎回、面倒だなあと思いつつも、手を抜けないプロセスでもあります。

まず「ココフロア」のサイズを押さえておくと「50センチ×50センチ」。

2階の間取りに配置してみます。

「ココフロア」施工準備メモ

ちょっと見にくいのですが、オレンジのラインが「ココフロア」のレイアウト。

センターをきちんと取って、両サイドに均等な余白を残すやり方ですが、ちょっとめんどくさい気も。

余白は片側に寄せてしまうことにしましょう。

「ココフロア」施工準備メモ

これまた雑な書き込みですが、だいぶ具体的な枚数が見えてきました。

余った部分をうまく使いまわしてギリギリ32枚くらいの計算。

本音をいえば、余裕を持って数枚余計に注文したのですが、「ココフロア」は1ケース16枚入りなので、仕方ありません。

何度も計算して確認しましたが、なんとか32枚で収められると判断しました。

購入したのは、こちらの「和光堂PRO」というショップ

価格もリーズナブルですし、接着剤などの副資材もまとめて買えるのでおすすめです。

「ココフロア」注文明細

接着剤もあわせて「48,240円」。

マンションで採用したフロアタイルよりちょっとお高めですが、フローリングにくらべるとぐっとお安い、そんな価格帯です。

ちなみに、品番は「GT-778-T」ですが、現在は品番が変わり「GT-932-T」となっているようですのでご注意ください。

次回はDIYで「ココフロア」を施工します。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧