(131)手すりと柱のスキマを「万能補修パテ」とアイアン塗料で補修した

インテリア

前回の総集編で山小屋の主な工事については書き終えたので、これからは細かい修正の工事や家具選びなどについてお話していこうと思います。

どこまで続くかわかりませんが、今後ともよろしくお願いします。

今回は先日のアイアン手すりに関する話。

設置の際に手すりと柱の間に残念なスキマが残ってしまいました。

手すりと柱の間に残念なスキマ

このスキマにパテを塗って埋め、塗装してみたいと思います。

パテといってもいろいろあります。

たとえば、以前ご紹介したのはセメダイン社の「かべパテ」でした。

セメダイン社の「かべパテ」

中身はビニール袋に詰められたムース状のパテ。

セメダイン社の「かべパテ」

こんなふうに壁に塗って使いました。

かべパテを塗る

細いスキマや細かいデコボコを埋めるには便利なのですが、水分が多いため乾くと痩せてしまうのが難点で、重ね塗りが必要になることも。

この種のパテは今回のような大きなスキマを埋めるのには向きません。

というわけで探し出したのがこちら。

モノタロウ「万能用補修パテ」(公式ページ)

モノタロウ「万能用補修パテ」

「かべパテ」とちがってかなり硬めなので、ゴム手袋をはめて指でぐいっとちぎり取ります。

パテをちぎった

これを練り合わせると、徐々に固まっていく仕組み。

パテを練る

練りが甘いとムラが残って固まりきらない可能性があるので、しっかりと練り上げましょう。

できあがったパテは、指を使ってスキマに盛っていきます。

パテを指で盛る

このパテの長所は粘度のような適度な硬さがあって指で大雑把な形が作れるところ。

どんどん重ねてアイアン部分よりも多めに盛ります。

パテを盛り終えた

水分が少ないので、乾いても痩せません。

雑な盛りつけで申し訳ないですが、乾いた後にカッターで削り落とすのでいいかな、と。

「万能用補修パテ」硬化時間

パッケージによれば硬化までの時間は「5~7分」とのことですが、こういうのは季節によっても差が出るもの。

大事を取って数時間置きました。

カチカチに固まったのを確認したら、カッターでざっくり形を整えます。

カッターでパテを整形

次はサンドペーパーの出番。

サンドペーパーでヤスリがけ

乾いたパテは思ったよりも固く、やすりで削るのにも時間がかかります。

盛りつけの際にもう少し丁寧にやるべきだったかもと後悔しつつ、辛抱強くやすりをかけます。

ヤスリがけ完了

ほぼ平らになりましたが、カッターややすりのせいで柱にすり傷がついてしまいました……。

柱に目立つすり傷

養生は塗装するときでいいと思っていたのが甘かったです。

養生後

手遅れ感は否めませんが、養生しました。

次は塗装です。

使うのは、以前もご紹介したアイアン塗料

toolboxで扱いのあるシュペンパンザー(Schuppenpanzer)です。

アイアン塗料「シュペンパンザー」
※toolboxのショールームにて撮影しました

【toolbox】アイアン塗料(公式ページ)

商品説明によれば、この塗料はもともとロートアイアンの補修用の塗料なんだそうです。

ということは、今回のようなアイアン手すりにもうってつけということ。

なお、基本的な塗り方については、以前の原稿をごらんくださいね。

今回は塗装面積が狭いので、あっという間に塗り終えることができます。

アイアン塗料を塗る

乾くのを待って養生を剥がします。

アイアン塗料塗装後

さすがアイアン塗料。

パテとアイアンの継ぎ目が気にならない仕上りです。

これでスキマはきれいになりましたが、柱との設置面がかなり雑な仕上がりなのが気になります。

完成したが粗が目立つ

ところどころにパテの色も見えてしまっています。

もう少し丁寧に養生すべきだったのかもしれません。

柱についた細かい傷跡もあいまって、最終的には今ひとつの仕上がりになってしまいました。

やっぱり加工や塗装は養生などの準備が肝心だとあらためて思い知った次第です。

このパテを試す方は、僕のような失敗をしないようにするためにも、最初からしっかりと養生することをおすすめします。

失敗は脇に置くとして、この「万能用補修パテ」の実力はなかなかのものだと感じました。

公式ページでは「穴やひび割れの補修に使用できます」と紹介されていますが、スキマ埋め以外にも活躍してくれそうです。

「アイアン塗料」で仕上げれば、鉄製の製品の補修には最適と言ってもいいでしょう。

ちなみに内容量は56グラムとのことでしたが、今回のスキマを埋めてちょうど使い切るくらいでした(参考までに記すと台座の直径はおよそ10センチでした)。

「万能用補修パテ」、ぜひ使ってみてください。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧