(248)【後編】空室を利用して照明器具の見え方を比較してみる

インテリア

前回に引き続き、空室になった世田谷のマンションの一室を利用してさまざまな照明器具を比較していきます。

後編はペンダントライト編。ガラス、琺瑯、木材など、素材感の異なるシェードをいろいろと試して見え方をくらべてみたいと思います。


■ラフな雰囲気で下方向だけを照らす琺瑯シェード

まずは琺瑯素材のシェードから参りましょう。

黒の琺瑯シェード

ブラックのシェード。

黒の琺瑯シェード

適度にラフな雰囲気で躯体あらわしの天井にも合っている気がします。ロゴがチラ見えしてますが「IDEE(イデー)」製です。

実はこれと次に紹介する照明器具は事情があって知人のデザイナー天池聖さんからお預かりしているもので、使用を快諾していただきました。

黒の琺瑯シェードのシルエット

こんなふうに壁に映った影も良いですね。

黒の琺瑯シェード点灯時
黒の琺瑯シェード点灯時

点灯するとシェードのおかげで下方向だけに明るさが広がります

グリーンの琺瑯シェード

こちらはグリーンのシェード。

グリーンの琺瑯シェード

深みのある緑色はよくお店で見かける定番カラーですね。

山小屋の母屋のシェード

そういえば、山小屋の母屋のシェードは妻の持ち物ですがグリーンだったことを思い出しました。たしか「IKEA(イケア)」製だったはず。

うちのマンションの一室にも琺瑯製のシェードを設置した部屋があるのですが、

黒とグリーンの琺瑯シェード

たまたまこちらも黒とグリーンでした。人気色なのかな?

グリーンの琺瑯シェード

点灯時はシェードの表面は暗い側になるのでブラックとグリーンの差はほとんどわかりません。先ほどのシェードよりもややコードが長いので天井が暗く感じます。のちほど説明しますが、照明は高さによって見え方がけっこう変わるので、注意が必要です。


■模様が映し出されて面白いガラスシェード

お次はガラスシェード。

「モモ・ナチュラル」のガラスシェード

「モモ・ナチュラル」で購入しました。前々回にご紹介しましたね。

ふだんはこの部屋のサービスルームに設置していますが、今回は比較のためにリビングに設置してみました。

「モモ・ナチュラル」のガラスシェード点灯時

ごらんのとおり、天井に映し出される模様が面白いです。

「モモ・ナチュラル」のガラスシェード点灯時

ガラスは光を通すので先ほどの琺瑯シェードとくらべると天井まで明るく照らします。

「モモ・ナチュラル」のガラスシェード

こちらも同じく「モモ・ナチュラル」で購入したガラスシェード。

「モモ・ナチュラル」のガラスシェードの凹凸模様

側面の凹凸が個性的ですが、

「モモ・ナチュラル」のガラスシェード点灯時

点灯してみるとこれが模様となって壁に映し出されます。けっこう驚きました。

「モモ・ナチュラル」のガラスシェード点灯時

これは壁紙いらずかも。

「モモ・ナチュラル」のガラスシェード点灯時

離れて眺めてもけっこう主張強めです。好き嫌いが分かれそう。

ちなみに、ガラスシェードの模様は天井との距離でかなり見え方が変わってきます

引掛ランプソケット(ロック付き)

山小屋の母屋でも使用しているこいつを使って実験してみましょう。

OHM電機の「引掛ランプソケット(ロック付き)」です。

天井に電球を直付けしつつ、シェードも挟み込むことのできるアイテムです。

引掛ランプソケットにガラスシェードを固定

こんな感じに固定リングにガラスシェードを挟んで、

天井直付けガラスシェード点灯時

設置して点灯しました。電球はエジソンバルブを使用しています。

天井直付けガラスシェード点灯時

だいぶ模様の見え方が変わりました。

天井直付けガラスシェード点灯時

離れて見た印象もかなりおとなしくなりました。

なお、同じガラスでも乳白色で柄がないシェードだと見え方も別物になります。

ナショナル製の古いガラスシェード点灯時

透明ガラスよりも柔らかい光が広がります。

これは山小屋(母屋)の廊下に設置してあったナショナル製の古いガラスシェード

ナショナル製の古いガラスシェード

オレンジのアクセントが気に入って現在は僕の自宅のキッチンで使用しています。

ナショナル製の古いガラスシェード点灯時

ひとことでガラスシェードと言ってもちがうものですね。


■シェードのないペンダントライトは電球選びに注意

続いては、インダストリアルっぽさの漂うスチール製。

スチール製ペンダントライト

ほぼ裸電球状態なので、灯りも遮られません。

スチール製ペンダントライト点灯時

前回ご紹介した「SOU」と同じく、この種の照明器具は電球を選びます。

スチール製ペンダントライトとイケアのトロードフリ

イケアのスマート電球だと雰囲気が出ない……。

スチール製ペンダントライトとエジソンバルブ

こういうタイプにはエジソンバルブが似合います。

レトロペンダントライト

こちらは打って変わって昭和レトロっぽい感じのペンダントライト。

レトロペンダントライト設置風景

かつて我が家のリビングの照明レールに複数吊るして使っていました。昔の画像なので画質が悪くてすいません。

レトロペンダントライトの赤

赤を吊るしてみました。

レトロペンダントライトの赤点灯時

点灯するとこんな感じ。部屋のアクセントになりそうですが、インテリアは選びそう。

レトロペンダントライトの赤点灯時

と思ったけど、離れてみるとそうでもないか。

レトロペンダントライトの白点灯時

こちらは白。色をそろえると部屋になじみます。どちらにせよ電球が目立つので電球選びには気をつかいたいですね。

山小屋に採用したこの電球と組み合わせても面白いかもしれません。


■うっすら光が漏れる木製シェード

最後はちょっと変わり種のシェードを2点ご紹介。

木製シェード

以前ちょっとだけ紹介した木のシェード。これもだいぶ前に「モモ・ナチュラル」で買いました。

基本的には光を通さない木材ですが、

木製シェード点灯時

薄くカットされているので点灯時にはうっすら光がこぼれるのが素敵。

木製シェード点灯時

サイズはけっこう大きくて引きで見ても存在感があります。

実はこれ、僕の部屋のリビングで使っているもの。

木製シェードとリビング

インテリアのアクセントの意味も込めて、あえて低めに下げています。

テーブルの上なら頭をぶつけることもありませんしね。

紐シェード

こちらは実家で使っている紐状のシェード。

紐シェード点灯時

点灯すると、紐のあいだから光が漏れます。

さっきのシェードもそうですが、上下に光が広がるのも特徴です。

紐シェード点灯時

ふだんはダイニングテーブルの上で使っているのですが天井に貼った壁紙の柄が際立って楽しいです。

灯具いろいろ

二回にわたって照明器具をくらべてきましたが、こうして同じ環境で比較するとそれぞれの個性がわかって面白いですね。今後の照明計画を考える上でいい勉強になりました。

せっかくなので、ぜんぶまとめてGIFアニメにしてみましたので最後にどうぞ。

照明比較GIFアニメ

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧