(304)「スピード・ミニ10」で砂壁にフックを設置する

家具や雑貨

前回の「バンピーウッド」の張り付けで玄関の内装工事はほぼ完了しました。

バンピーウッド張り付け後の玄関とハンガー

これまた順番が前後しますが、今回は玄関の壁に設置したフックの話をしたいと思います。

フック設置前の壁

こちらは設置前の写真。

塗装前の壁

珪藻土塗料で塗装したものの、この壁はもともと砂壁でした。

砂壁寄り

土や砂を固めて造った壁ですから、ネジや釘などを打ってもボロボロと崩れてしまうことが多く、重さのかかるフックを設置することは難しいと言われます。

そこでこんなものを用意してみました。

スピード・ミニ10商品写真

「どこでも下地 スピード・ミニ10」です。

石膏ボードにネジが効」き、しかも、「35kgの重さ 振動にも大丈夫!」なんだとか。

スピード・ミニ10の商品説明

パッケージ裏面の説明を読むと「使用可能な壁等の素材」の一覧が記載されています。

中には「塗り壁」の表記もありました。砂壁って塗り壁の一種……なのか?

物は試しということでトライしてみることにしました。以下、参考例としてお読みください。

フック

設置するのはこのフック。倉庫で見つけた祖父の遺品です。左右の穴をネジで留める形式です。

スピード・ミニ10裏面の使用方法

では「使用方法及び使用上の注意」を見ながら、作業してきましょう。

養生テープを貼って下穴を開けた壁

まずは「ネジを打つ所に印を付け、マスキングテープ等で養生します」。

下穴を開けているところ

養生テープを貼ってフックの穴に合わせて下穴を開けました。印代わりに軽く開ける感じです。

穴をドライバーで広げているところ

ドライバー等で穴をあけます」。「8mm~10mmの穴」ということで、手持ちのプラスドライバーでグリグリ。

壁に刺さったドライバー

あるていど開けると貫通しました。ひょっとして中は空洞なのかな?

壁に開けた穴

穴をよく見ると、砂粒がポロポロしているのがわかります。やっぱりこのままだとネジは効かないでしょう。

開封したスピード・ミニ10

パッケージを開封すると、液の入った瓶・スポンジ・スポイトが。

パッケージ記載の施工手順

施工手順も細かく説明されています。

スポンジを絞る

専用スポンジに水を含ませしぼ」ります。

スポンジをようじで穴に押し込む

つまようじに専用スポンジを巻き、あたまが10mmくらい出るように穴に入れます」。

スピード・ミニ10を吸ったスポイト

スポンジに液を吸い上げ」、

スピード・ミニ10をスポイトで穴の奥に注入

先端をスポンジの奥に差し込み」、注入します。

スピード・ミニ10をスポイトで穴の手前に注入

だんだん手前に複数回充分に注入」していきます。

スポンジまわりにスピード・ミニ10を注入

スポンジだけでなく「液の浸透部の回りも強化」してくれるそうなので、つまようじでスポンジを押さえながら、まんべんなく液が染み渡るように穴の周囲にも注入しました。

スピード・ミニ10注入後のスポンジ

注入後、30~40分位」待ちます。僕は大事を取って1時間ほど待ちました。

硬化したスポンジに触れる

見た目的にはあまり変化はありませんが、触ってみるとコチコチ

カッターでスポンジをカット

壁面から出ているスポンジをカット」します。しっかり硬化したようで、けっこう手ごたえがあります。

養生を剥がした後

スポンジをカットして養生テープをはがしました。ちょっと液だれしてしまいました。少し注入し過ぎたのかもしれませんが、足りないよりはいいでしょう。

カットから、さらに「40分以上」待つ必要があるので要注意。冬場は「90分以上」待たねばならず、あせらず翌日作業でもいいかもしれません。

筆で塗装

待ち時間の間に液だれやスポンジ部分を塗り直してあげました。

スピード・ミニ10の下準備完了

これにて下地の準備が完了!

下地にフックを合わせたところ

この下地の位置にフックを合わせて、

フックをネジ留め

ネジで留めます。ばっちり効いているようで絞めるのに力が要ります。

固定後のフック

しっかり固定できました。

フックに指をかけて

ぐらつきもなく、これなら重いコートをかけても大丈夫そう。

コートをフックにかけて

こんな感じに使っていますが、まったく問題ありません。この「スピード・ミニ10」、砂壁にも問題なく使えるといってよさそうです。ただし、商品が謳う“35kgの耐荷重”が砂壁で発揮できるかはわかりませんので悪しからず。

これを使えば、今まで下地がなくて設置をあきらめなければならなかったところにフックや棚などを取り付けることができます。今度、自宅の石膏ボードの下地にも使ってみようかな。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営しています。ESSE online(エッセオンライン)に記事を書くことも。 インスタグラムも...

プロフィール

関連記事一覧