(1)自己紹介に代えて~山小屋のご紹介

インテリア

東京のはずれの山奥に祖父が遺した別荘の管理をして15年ほどになります。

山の風景

「別荘」と言えば聞こえはリッチですが、築50年のくたびれた民家です。

昨年、その隣に建つ小さな小さな離れをリノベーションしました。

山小屋の外観

このブログでは、書庫だった小さな小屋が新しく生まれ変わるまでのあれこれについて綴っていきます。

山小屋室内

まずは、自己紹介に代えて山小屋の写真をごらんください。

山小屋2階

写真は友人のカメラマン、邑口京一郎さん

山小屋1階

さすがプロ、実物にゲタを履かせたグッドルッキングに仕上がってしまいましたが、それはそれ。

1階図面

実際のところは3.6メートル×2.7メートル、たった六畳ほどの超狭小物件です。

2階図面

屋根裏部屋のような2階もありますが、こちらも階段部分を含めて六畳。

山小屋2階

延床でも20平米に満たないと言えば、その狭さがおわかりでしょう。

いずれ馬脚も露わしますが、お付き合いいただければ。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧