(6)山小屋ビフォア画像

インテリア

この山小屋、もともと書庫として使われていました。

工事後の山小屋

「書庫」という言葉には、どことなく文化的な響きがありますが、元の建物にはそんな高尚な雰囲気は微塵もなく、ただの物置という感じでした。

今回は、僕が撮影した拙い写真で恐縮ですが、工事前の「ビフォア」画像をごらんいただこうと思います。

まずは外観から。

リノベ前の山小屋

ハイ、汚いですね。

建てられてから30年、何のメンテナンスもしてこなかったのですから、仕方ありません。

リノベ前のドア

ドアもところどころにコケが生えています。

ドアノブの調子も悪く、カギの開け閉めにも苦労する始末。
中に入ると……

リノベ前の室内

がらんとして、ほんとに何もありません。

「物が置ければそれでいい」というシンプルな造りですね。

リノベ前の室内

洗面が設置されることになる壁。

内装は、すべてベニヤ下地までの状態までしか作られていませんでした。

リノベ前の室内

大きな窓が設置された壁には、もとは腰高の窓が。

防犯用の格子とすりガラスで、外の雰囲気はほとんどわかりません。

リノベ前の室内

2階につづく階段。

狭い空間に無理やり設置した感は否めず、手すりなしに上るのはけっこう怖いです。

リノベ前の室内

2階にやってきました。

階段の開口部もむき出しで、油断すると落ちそうになります。

リノベ前の室内

リノベーション後にアクセントクロスが貼られることになる壁面です。

こうしてみると柱や壁などの状態は思ったよりも良好な印象ですね。

多湿な山奥で30年放っておかれたとは思えません。

ですが、この「何もない状態」まで持ってくるのが、実は一苦労でした。

元はというと、

片付け前の古本

こんな具合に本が物のように積み重なっていたので、そう簡単に片付ける気にもなれず……。

結局、この小屋をリノベーションするというアイデアが湧くまでは、見て見ぬふりをしておりました。

次回は、古本屋さんと骨董屋さんにお願いして中身をカラにするまでのお話。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧