(229)和室の引戸にスライスウッドを貼ってリフォームする

母屋のキッチン

キッチンが新設され天井も塗装され床にユカハリタイルが敷き詰められてみると、どうしてもココが気になるようになりました。

キッチンダイニングの引戸

玄関とこの部屋を仕切る引戸です。

キッチンダイニングの引戸

もともとはいかにも和室という感じの和柄の引戸でしたが、10年以上前に天井に壁紙を貼ったとき白の壁紙をDIYで貼り付けました。当時はDIYなんていう言葉も知らないくらいでしたから、やり方も我流というかテキトー。貼り付けてまもなくシワがより、今では端から剥がれてきてしまいました。

引戸の壁紙の剥がれ

玄関に直結したこのドアはお客さんも含めてどうしても目に付く場所。せっかく部屋全体がきれいになっても、ドアだけこんな状態だとガッカリ感は否めません。

そこで、キッチンDIYの締めくくりにリフォームしてみることにしました。

リフォーム前の引戸

この引戸を刷新するにあたって気になるのが引戸をぐるりと囲む枠。

引戸の枠

以前は、これを残したままで壁紙を貼ったのですが、今回はこの枠も撤去して全体のイメージを変えたいと思います。

引き手

塗装が剥がれてきた引き手も新しく取り替えようと思います。

表面に貼る素材はtoolboxの「スライスウッド」です。

toolboxの「スライスウッド」

離れの2階の壁や、

世田谷のマンションのアクセントウォールなど、

このブログではおなじみの素材です。馬鹿の一つ覚えみたいで恐縮ですが「何度も施工してきたので勝手がわかっていて失敗しづらい」のと「ちょうどドア一枚分をカバーできるだけの枚数が余っていたので費用はほぼゼロで済む」という理由でこれに決めました。なお、ここで使っているのは現在では販売されていない厚さ2ミリの薄型タイプなのでご注意ください。

引戸に仮置きしたスライスウッド

ドアをカバーするように仮置きしていきます。

引戸に仮置きしたスライスウッド

なぜこんなことをしているかというと、木目のバランスを見て配置を決めたいから。

スライスウッドはオークの木を薄くスライスしたものなので、木目に個体差があります。とくに塗装を施したあとには木目がはっきりと際立ってきます。

木目がおとなしめなものもあれば、

スライスウッドの木目

けっこう個性的なものも混じります。

スライスウッドの木目

木目が偏ると見た目も偏るかなと思い、事前に仮置きして配置を調整することにしたのでした。

スライスウッドの配置を調整

配置が決まったらひとまずスライスウッドはどけて、貼り付けのための準備に入ります。

バールで枠を剥がす

枠を引き剥がすのにはバールがあると便利です。

バールで枠を剥がす

僕が愛用しているのは「土牛(DOGYU)」というミニバール。

だいぶ前にAmazonで買いました。お安いのでひとつくらい持ってると便利です。

うちの引戸の枠は釘などで固定されておらず接着されただけだったので、わりと簡単に剥がせました。

枠を剥がし終わった引戸

次は壁紙を剥がします。

壁紙を剥がす

下地の薄いベニヤ板もベロベロになっているところは剥がすことに。

薄いベニヤ板を剥がす

引き手も外して作業完了。

壁紙を剥がした引戸

ごらんのとおり表面はお世辞にもきれいとは言えません。

引戸の表面

デコボコが目立ちますが、上から板を貼りつけるのでたぶん大丈夫でしょう。

続いてはスライスウッドを引戸の幅に合わせてカットします。

引戸の上に置いたスライスウッド

きちんと測ってカットするのが正しいやり方なのでしょうが、今回はこんな感じでカットの線を引きました。

カットする線を引く

このやり方だと印をつけ間違えたりすることがなくて大失敗しづらいと思います。

スライスウッドをカットした

スライスウッドは薄いので切るのは簡単ですが、詳しく知りたい方は以前の原稿をどうぞ。

ひたすらカットをくりかえして最後の一枚までたどりつきました。

最後の一枚までスライスウッドをカットした

最後は長手方向にもカットするので面倒ですが、丁寧にやればそれなりにきれいに切れると思います。まあ、足下ですからよっぽどガタガタじゃなければ目立ちません。

スライスウッドのカットが完了

カットが完了したら、次は貼り付け作業です。

使うのはいつものボンドと両面テープ。

ボンド「床職人」と厚手両面テープ

ホームセンターでもネットでも簡単に手に入ります。

以前も書きましたが、両面テープは接着直後に剥がれるのを防ぐ役割を果たしてくれます。

スライスウッドの裏にテープを貼ってボンドを塗る

こんな感じでボンドと併用して貼り付けます。

浮きが気になる箇所には隠し釘を打ってあげるのが効果的ですが、

隠し釘を打った

この種の引戸は下地の位置によってはあまり効かないこともありますから、枠まわりを中心に釘を打ちました。

スライスウッドを貼った引戸

スライスウッドの貼り付けが無事に完了しました。

無塗装の質感もなかなかいいですね。

ハンマーで隠し釘の頭を落とすのも忘れずに。

ハンマーで隠し釘の頭を落とす

塗装前に一度、元の位置に設置してみました。

引戸を部屋に戻す

このままでも十分きれいだと思いましたが、ドアはいろんな人の手が触れて汚れがつきやすい部分ですからやっぱり塗装は必要でしょう。

次回はワトコオイルでウェット研磨に挑戦します。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧