(92)サンゲツの「ココフロア」をDIYで床に貼り付ける

インテリア

2階の床の作業も今回で最後。

前回注文したサンゲツの「ココフロア」(GT-932-T(旧品番:GT-778-T))をDIYで床に施工します。

サンゲツの「ココフロア」

こんな感じで50センチ角のタイル状になって届きます。

ご注意いただきたいのが貼り方のセオリー。

サンゲツの「ココフロア」注意書き

この50センチ角の「ココフロア」は基本的には市松貼りが推奨されています。

市松貼りとは、

サンゲツの「ココフロア」市松貼り施工例

こんなふうに向きを互い違いに貼っていくということ。

独特のリズム感は出ますし、和室などにはマッチします。

でも、今回の山小屋にはちょっと柄がうるさくなる気がします。

すべての向きをそろえて貼ると、何か困ることでもあるのでしょうか?

サンゲツのお客様センターに問い合わせてみたところ「市松貼りにしなくても施工することはできますが、タイルとタイルの継ぎ目が目立って気になることがあります」という回答でした。

実を言うと、「ココフロア」には、今回注文した50センチ角のタイプの他に、長尺シート状のタイプもあり、向きをそろえる場合はそちらを選ぶのが正解。

でも、長尺シートは搬入も大変ですし、カットも大変そうということでタイル型を選びました。

「継ぎ目が目立つ」ていどならよかろうということで、市松貼りではなく向きをそろえて貼ってみようと思います。

「ココフロア」施工前の床

施工前の床です。

ここに一枚ずつ仮置きしていきます。

「ココフロア」を仮置き

カットする部分以外を置いた状態でパチリ。

「ココフロア」仮置き完了(カット前)

よく見ると継ぎ目はわかりますが、みっともないほどではありません。

これなら向きをそろえたままで問題なさそう。

スキマ

ということで、スキマ部分に合わせて「ココフロア」をカットしていきます。

スキマの幅を測って、

スキマを測量

カッターでカットします。

「ココフロア」をカッターでカット

ビニールシートなので、簡単に切れます。

「ココフロア」をカッターでカット

裏からカットするほうがきれいに切れる気がしました。

柱の出っ張り

よく見ると、隅に柱が少し出っ張っていますね。

「ココフロア」をカッターでカット

シートの角もちょっとだけカットしてあげましょう。

スキマにはめ込んだ

はめ込むと、きれいに収まりました。

床材はこういう処理が難しい印象がありますが、「ココフロア」の施工は本当に簡単でした。

サクサクっとカットして、どんどんスキマを埋めましょう。

「ココフロア」仮置き完了(カット後)

仮置きが終わって問題ないことが確認できたら、接着します。

使うのは「ベンリダインPC-2」という接着剤。

ベンリダインPC-2

木材とビニールなので、専用の接着剤を選ばなければダメということはないと思います。

でも、メーカーが指定するものを使ったほうが素人的には安心。

ベンリダインPC-2注意書き

商品説明を見ると、オープンタイムを取る必要があるようです。

オープンタイムは壁紙なんかで聞く用語ですが、接着剤が粘着力を十分に発揮できる状態になるまで待つ時間のこと。

あせって貼る必要がないので、これがあるのはかえってありがたいかもしれません。

では、開けてみましょう。

ベンリダインPC-2を開封

臭いも気になりませんでした。

付属のクシベラで床に塗り付けます。

ベンリダインPC-2を塗る

数枚分の面積に塗れたら、オープンタイムを待ってから、

ベンリダインPC-2を塗った床

「ココフロア」を貼りつけます。

「ココフロア」を貼りつけ

あっという間に1列。

「ココフロア」を貼りつけ

続けて2列目。

「ココフロア」を貼りつけ

どんどん作業が進んでいきます。

「ココフロア」を貼りつけ

最後の箇所だけは、貼り付け済みの部分にのりながらの作業になります。

「ココフロア」残り作業

慎重に作業すれば問題ありません。

「ココフロア」貼りつけ完了

無事に完了!

一日がかりの作業になるかと思っていましたが、半日かかりませんでした。

施工しやすい素材なので、素人が扱ってもけっこうきれいに仕上がります。

DIYにうってつけの素材だと感じました。

近寄って見ると、黒と薄茶色が混ざった感じなのですが、

「ココフロア」接写

離れてみるとムラがない茶色に見えるのも面白いです。

「ココフロア」

汚れも目立ちにくいですし、ビニールなので掃除がラク。

フローリングとくらべて手触りも柔らかいので、床座りにも最適です。

今回の工事で気に入ったので、マンションの部屋を和室風に仕上げる際にも採用してみました。

ライトグレーの「ココフロア」

使ったのはライトグレーの「ココフロア」。

こちらでは仕様どおりに市松貼りにしてみました。

手軽に琉球畳のような雰囲気が出せて満足です。

「世田谷のマンションで使えないような素材を使ってみたい」と思って始めた山小屋の工事でしたが、気がつけばマンションにフィードバックしてしまった次第です。

2階の工事が完了

さて、床材の施工も終わって2階の工事はほぼすべて完了。

最後にプロの写真もどうぞ。

ヴィレやスライスウッド、壁紙やココフロアなど、いろいろな素材感の寄せ集めですが、それなりに上手にまとまったと自負しています。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧