(243)洗面にモザイクタイルをDIY【前編】~クローシェマーブルを接着する

タイル

引き続き6年ぶりに空室となった世田谷のマンションの話です。

マンションの一室

僕が大家業を引き継いだばかりで右も左もわからない頃にリノベーションした部屋とあって、今の自分から見ると「手を加えればもっと良くなるかも」と思わせられる部分が散見されます。

洗面

そのひとつが洗面。

建設会社のKさんの提案で造ったニッチは今でも気に入っています。

洗面のニッチ

今回はここにモザイクタイルを張りつけてリニューアルしてみたいと思います。

タイルのDIYについては飽きるほど何度も書いてきました。くりかえしDIYをやっていると素人のくせに妙に慣れてしまい、油断して毎回どこかしら失敗するという体たらくが最近は続いております。

施工面積も狭い(幅35センチ×高さ28センチ)ことですし、我流に走らず基本に忠実で丁寧な作業を心がけたいと思います。タイルDIYの基本のおさらいと思ってお読みください。

張るのはこちらのタイル。

平田タイルの「クローシェマーブル」

平田タイルの「クローシェマーブル」。以前、離れのトイレの床に張ったときの余りです。

「クローシェマーブル」を張ったトイレ床

ヘリンボーン組みが印象的な小粒のモザイクタイルです。

まずはサイズ合わせのための仮置きから始めます。

タイルを仮置き

1シート分(291ミリ×282ミリ)を壁に合わせてみると、若干タテが余ることがわかりました。

はみ出たタイル

このタイルは「裏ネット貼り」といってタイルの裏側を網でつなげているので、これをカットすれば切り離すことができます。

はさみで裏のネットをカット

一方、ヨコは数列足りないので、別のシートをカットして埋めます。

ヨコに追加するタイルシート

ざっくり1.2シート分くらい使用しました。

大まかなサイズがわかったので床にならべてレイアウトを確認します。

レイアウトの確認

気になるのは上下の三角形のスキマ。

三角形のスキマ

ここはカットしたタイルで埋めることにします。

カット済みのタイル

以前に余ったカット済みタイルがあったのでこれを使います。

カット方法を以前の写真でおさらいしましょう。

最初に裏のネットを外してバラバラにします。

バラバラにしたタイル

タイルニッパー(喰い切り)を準備します。

タイルニッパー(喰い切り)

アマゾンで買いました。

これでタイルを挟み込み、

ニッパーでタイルをカットする

力を込めてバキンと割ります。破片などが飛ぶのでビニール袋をかぶせて作業したほうがいいです。

カットしたタイル

こうしてスキマ埋め用のタイルができました。

スキマにカットしたタイルをならべる

これをスキマにならべて、

スキマ埋め完了

レイアウトが完了。

続いて接着作業に入りますが、その前に養生を。

養生したニッチ

手前は汚れやすいのでマスカーで広く養生。一方、側面の壁は塗装が剥がれないように粘着力弱めのテープを優しく貼りました。

養生が済んだら接着に必要な道具の確認です。

タイルの接着に使用する道具

左上から①養生テープ②ペイント用うすめ液③キッチンペーパー④クシ目ゴテ⑤コテ⑥ビニール手袋⑦コテ板(代わりのプラまな板)と段ボール紙

大事なのは道具をしっかり養生すること。

養生した施工道具

張り付けに使用するボンドは水洗いしても落ちません。

アクリルエマルジョン系のタイル接着剤

アクリルエマルジョン系の接着剤。セメントの接着剤とくらべてゴムのように弾性のある仕上がりで強い接着力を発揮してくれます。

今回は以前ホームセンターで買って余ったものを使います(もし足りなかったら背後に見えている大きめのパックを使うつもりだったのですが、結局開けずに済みました)。

コテ板にボンド

コテ板にボンドを絞り出したら、

コテでボンドを塗る

コテでニッチに塗りつけます。

ボンドをニッチ全体に塗った

全面塗り終えたからといって油断は禁物。

余ったボンドの厚み

こんなふうに厚めに塗り過ぎた部分をコテでならし、余分なボンドを取り除かねばなりません。

コテでそぎ取った余分なボンド

これをしておかないと、タイルとタイルのスキマから余分なボンドがはみ出して厄介なことになります。

ボンドを塗り終えたニッチ

ボンドが薄く塗り伸ばされたのを確認したら、

クシ目ゴテでボンドに凹凸を

クシ目ゴテで表面に凹凸をつけます。

クシ目ゴテでボンドに凹凸を

タテとヨコにそれぞれ一回ずつ。

張り付け準備ができたニッチ

これでボンド塗りが完了しました。

タイルシートを張った

ずれないように端から合わせつつ、慎重にタイルシートを接着します。緊張の瞬間。

タイルをてのひらで押す

剥がれたり落ちてきたりしないよう少し力を入れて圧着します。

シートを接着した後はスキマにカットしたタイルを張っていくのですが、

カットしたタイルの裏面にボンドをつけた

タイルの裏面にちょんとボンドを塗ってやると接着しやすいです。

スキマにカットしたタイルを張る

タイルを持つ手が震える細かい作業。ピンセットを用意するべきだった……。

タイルの端のスキマ

残念ながら、このいちばん小さなスキマにはタイルをうまくはめ込むことはできそうにありませんので今回はあきらめます。

余った小さなタイルピース

いちばん小さなピースは余ることとなりました。しょうがない。

タイルを張り終えたニッチ

タイルを張り終えて全体を見渡してみると、

目地からはみ出たボンド

目地から余分なボンドがはみ出ているところが見つかるかもしれません。

ボンドが固まってから削り取るのは大変な作業なので、まだ柔らかいうちにカッターの刃やつまようじなどで余分なボンドをかき出してやります。

余分なボンドをカッターでかき出す

タイルの表面が汚れてしまったら、うすめ液を浸み込ませたキッチンペーパーでふき取ります。

ペーパーで汚れをふく

うすめ液でボンドが溶けて落ちます。張ったばかりのタイルがずれたり剥がれたりしないように優しく丁寧に。

タイルを張り終えたニッチ

タイルの接着が完了しました。この時点ですでに素敵な雰囲気が漂っております。早くも目地入れが楽しみですが、後片付けも忘れずに。

道具に貼った養生テープを剥がす

道具に貼った養生テープを剥がすと、

養生テープを剥がしたコテ

先端だけにボンドが付いている状態になるので、これをうすめ液でふき取ってきれいにします。

清掃が終わった道具

道具の清掃が終わったら今日の作業はおしまい。

明日(次回)はボンドが乾くのを待って目地入れをおこないます。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧