(297)ドアの塗装、何で塗る?~ドアのリメイクを考える

トラブルや失敗

前回、壁や天井の塗装が完了しました。

続いて木部の塗装をおこないながらドアのリメイクについて考えてみます。


■ドアは塗らずにまわりをオイル塗装したらラク?

「ドアのリメイクを考える」なんて題しておきながら、今回はドアは塗りません

というのも、先日、玄関と隣り合う水まわりの内装をDIYした際、ドアの塗装で失敗してしまったから

築50年を迎える古い家なので、ドアなんてササっとやすりがけすればステインやオイルで塗装できると思ったのですが、それが大間違い。ぜんぜん塗装がのらず、ふき取った末にニスで塗装することにしました。

結局、三度重ね塗りすることになり、けっこうな手間でした。

ニスの塗装作業

ニスの塗装は本当に難しくて、ところどころに残念な塗りムラが残ってしまいました。

木部とドアの質感のギャップ

ステイン&ワトコオイルで仕上げたツヤのない木部と、ニスを塗ったツヤのあるドアと質感のギャップが出てしまったのも残念。

このときに思ったのが「こんなことならドアを塗らずにそのままにして、ドアにそろえた色でまわりの木部を塗ればよかった……」ということ。

木部をステイン塗装した後の室内

あのときはすでに柱などをステインで塗装したあとだったのでどうにもなりませんでした。

玄関まわりのDIYではドア本体は清掃するだけにとどめ、まわりの木部をドアに合わせてナチュラルな色味のオイルで塗装してみようと思います。

塗装前のドアと柱

こちらが塗装前の状態。

ドアを雑巾で清掃

こうやって雑巾でゴシゴシふくと汚れはけっこう落ちてきれいになります。きれいになるってことは、汚れが中に浸透しないような表面処理がしっかり施されているということでもあるわけで、そりゃあ、ちょっとやすりがけしただけじゃステインやオイルは入らないよね、とあらためて感じました。

ワトコオイルのナチュラル

木部に塗るのはワトコオイルのナチュラル。以前、古い引戸にスライスウッドを張り付けてリメイクした際にも使用しました。

ワトコオイルはムラになりにくいので塗装作業が簡単。DIY初心者にもおすすめの木部仕上げ塗料です。ひと手間かけてウエット研磨をおこなえば素晴らしい手触りが手に入りますが今回は省略。

ワトコオイルで木部を塗装

「ナチュラル」という名前のとおり、もともとの木材の表情や色味を損なわない「自然な」仕上がりになるのですがうっすら濡れ色は付きます。

玄関の上がり框

今回工事する玄関には、上がり框のイチョウ(だったと思う)や、

下がり壁の竹

下がり壁にあしらわれた竹など、塗装したくない(できない)木部もあります。木部をダークブラウンで塗ってしまうと、これらの部分と色のちがいがはっきりしてしまいますが、「ナチュラル」で塗れば差は目立ちにくいと思います。

オイル塗装後

ワトコオイル塗装後。こうしてみると塗ったか塗っていないかもよくわからないくらい。

塗装した木部と未塗装のドアの比較

左が塗装した木部、右が未塗装のドア。

濡れ色がついた塗装部分のほうがやや赤みがかった色になりました。このあたりは木のもともとの色味も関係ありそうなので参考ていどに。

塗装後の玄関

これは玄関工事が完了した後に撮影した写真。照明の色味のせいもありますが、柱とドアのギャップはほぼほぼ気になりません。(なお、階段から奥は手を入れていません)

今回はドアを塗装しなかったぶん、手間もかかりませんでした。建具に特に目立つ傷などなければドア本体をいじらず周囲をリフォームする方法もありだなと思いました。


■引戸のリメイクを比較する~ペンキ・ニス・ブライワックス

ちょうどいい機会なので同じ建具を別の塗料や素材でリメイクした事例を比較してみましょう。

まずはペンキ塗装した引戸から。

ペンキ塗装した引戸

十数年前に友人たちと水性塗料のブラウンを使って塗装しました。

ペンキ塗装面

目を凝らすと木の表面の凹凸はわかりますが、基本的にはベッタリ塗りつぶすことになるので、木材の質感は失われてのっぺりとした印象になってしまいます。ただ、ドアまわりも同じ塗料で塗れば統一感が出しやすいのがメリットです。

世田谷のマンションの引戸

うちのマンションでも古い引戸は塗装で仕上げてもらっていますが、まわりの造作部分とのギャップもほとんどありません。

ニス塗装した引戸

一方、こちらは冒頭でも言及したニス塗装した引戸。水性ニスを三回重ね塗りして仕上げました。ニスはペンキと同様しっかりとした塗膜を作りますが、半透明なので木材の質感もあるていど残るのが特徴です。

ニス塗装面

上手に塗れた部分を見ると、ツヤのある質感にはちょっぴり高級感も漂います。ただ、先ほど述べたとおり塗装が難しく、素人が塗るとどうしてもムラが残ってしまうのが難点。

スライスウッドを張った引戸

こちらはスライスウッドを上から張り付けてワトコオイルを塗った引戸。もともとのドアに破損や汚れが目立つ場合でも、この方法なら心配ありません。

スライスウッドの施工作業

張り付けの作業にはそれなりの手間と費用がかかりますが、無垢材を張っているので塗料は自由に選べます

壁に張ったスライスウッド

こちらは引戸ではなく袖壁ですが、同じスライスウッドをステインとブライワックスで仕上げました。色やツヤがちがうと印象も変わりますね。

シナベニヤでアレンジした障子

薄いシナベニヤを使えばコストダウンも可能。写真は引戸ではなく、古い障子の内側にシナ合板をはめこんだ例です。板を一枚張るだけならば、木材を加工する手間も省けて簡単です。

シナベニヤの表面

シナは木目がきれいなので濡れ色をつけないようホワイトのワトコオイルで塗装しました。安いわりに端正な雰囲気に仕上がったと思います。

こうしてくらべてみると、リメイク次第でドアの表情もガラリと変わるのがおわかりいただけたのではないでしょうか。

アサクラ

大家業。世田谷のマンションと東京西部の山奥にある小屋を管理&経営。 『日刊Sumai』(扶桑社)で「なんでも大家日記@世田谷」を連載中。 https://s...

プロフィール

関連記事一覧